高気圧に覆われるため、東北南部から九州北部は、梅雨の晴れ間となる。
一方、梅雨前線の停滞する九州南部では非常に激しい雨の降るおそれがあり、大雨災害や、落雷、竜巻などの激しい突風に警戒・注意が必要。
また、気圧の谷が通過する北海道は、大気の状態が不安定で、雲が広がりやすく、急な雷雨に要注意。
最高気温は、関東以西の晴れる地域で30度前後と、21日よりグッと高く、熱中症対策が欠かせない。