北日本を中心とした冬型の気圧配置が続くため、北日本の日本海側や北陸では、雪が降りやすく、大雪やふぶきとなる。
午前中を中心に雷を伴う所があるため、落雷や突風にも注意。
一方、東・西日本は移動性高気圧に覆われるため、各地とも安定した晴天に恵まれて、お出かけ日和になりそう。
気温は平年を下回り、最高気温は東・西日本で14度程度だが、日差しの下ではぬくもりを感じられそう。